メメントモリ


 先週末彼岸花(曼珠沙華)がそこここに咲き始めていました。例年より少し早いような気がします。

 市内ではまとまって咲く場所はありませんが、埼玉県の日高市の高麗川辺りには100万本を超える群生地があるそうです。(日高巾着田HP:http://www.kinchakuda.com/)

 話は変わりますが、人は皆いつかは必ず死ぬものです。このことを表した言葉に「メメントモリ」というラテン語があるそうです。

 ローマ時代には将軍の凱旋パレードにこのメメントモリという言葉が使われたそうです。どういう意味かというと、凱旋パレードで将軍の後ろに立つ使用人(家来)が「将軍は今絶頂にあるが、明日はどうなるかわからない」ということをそこにいる者全てに思い起こさせる役目を果たしたということです。

 お彼岸にはご先祖様に感謝し、また日本が平和であることに感謝し、メメントモリを意識し少しでも謙虚に生きたいものです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square