ポートランド視察


 8月半ば米国オレゴン州ポートランド市にまちづくりの視察に行ってまいりました。(後日、報告会を予定しております。)

 ポートランドはいま様々なメディアで取り上げられています。全米で最も住みたい街、全米一の環境都市、食の街、様々な面でスポットライトが当たっている注目の街です。

 その中でも、今回は公共交通、自転車で暮らせる人間中心のまちづくり、グリーンインフラに注目した防災・減災のまちづくり、地産地消重視、市民協働の実態をテーマにポートランド市の職員の方に説明を受けたり、新しい交通システムの住民説明会に出席させて頂いたりしました。大変、勉強になりました。

 しかしながら、ポートランドのまちづくりも一朝一夕に出来上がったわけではないこともわかりました。長い積み上げ、努力の継続があったのです。しかし、10年~20年というスパンで取り組めば街は変えられる、という確信を得た視察でもありました。「自分たちの街は自分たちでつくる」これをモットーに皆様方と狛江をより良いまちにして行ければと思います。

 ※ニュースの頁で9月16日(金)18時~調布のたづくり12F大会議室で行われるポートランドのグリーンインフラの報告会(主催:野川流域連絡会研究部会)のご案内を掲載させていただいております。宜しければお運び下さい。自らの報告会はまた別途行わせて頂く予定でおります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon