狛江市・世田谷区合同訓練


 11月29日(土)、狛江市と世田谷区の合同防災訓練に参加しました。地震等の災害は行政境など関係なく襲って来るわけですから、非常に実践的な訓練です。世田谷区との間には災害時協力協定はありましたが、実際の行動の細かな取決めまでは定めていませんでした。それが今回定められたのを機にこういう訓練が行われたわけです。

 参加した住民も思いのほか多く(世田谷からの参加者が特に多かったです)、驚きました。若い方も参加されていたことは良いことだなあと思いました。

 震度6弱の地震が起こったという想定で喜多見ふれあい広場に参集し、そこから狛江第五小まで徒歩で移動、五小で避難所の実際を見たり、起震車体験、煙中訓練などを行いました。

 成城消防署の方が、災害時には訓練していた以上の行動は取れないということを仰っていましたが、実際そうだと思います。何事も「よい準備」をしたいものです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square