枝豆


 狛江の有名な農産物に「枝豆」があります。旬の時期のとれたては本当に直売所に急いで買いに行く価値があります。この枝豆、都道府県別の生産量では千葉県が第一位で全国収穫量の11%、続いて北海道、埼玉、山形、新潟が9%で続きます。東京は2%程度みたいです。(平成22年産 農林水産省統計)有名な産地としては、山形県鶴岡市の「だだちゃ豆」、新潟県新潟市の「黒埼茶豆」、群馬県沼田市の「天狗印枝豆」等があります。それぞれ、大きさや味も違い同じ枝豆と言っても様々ですが、どれもおいしいのは確かです。山形県鶴岡市の菓子匠では枝豆そのものの取扱いからお菓子やデザートとして徹底的に枝豆を使い倒している感じです。お饅頭に、パイ、大福、せんべい、アイス等々。そして、写真のこれはプリンです。枝豆の味を十分堪能出来、美味しいです。(その点ではアイスは冷たいので舌の感覚がそちらに向けられてしまい枝豆の味が十分味わえているか微妙です。)狛江ではそれほど生産量がないので、こういう訳には行かないでしょうが、あるものに徹底的にこだわる、掘り下げる。このような姿勢には学ぶところがあります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon