宇野東大教授講演会~民主主義のつくり方


 22日、高校の同級生の宇野重規東大社会科学研究所教授がエコルマホールで『民主主義のつくり方』というテーマで講演会を行ってくれました。あいにくの雨模様でしたが、いらしていただきました方々にはこの場をお借りし心より感謝申し上げます。

 1時間の講演の後、休憩を挟み、質疑応答にも約1時間。かなりいろいろと一緒に考えていただけたのではないでしょうか。

 宇野教授も東大の先生というイメージとは全く違い、とても気さくな雰囲気で受け答え下さいました。

 出席された方それぞれのご感想をお持ちになって帰路につかれたと思いますが、自分が印象に残ったのは彼が他の人の言葉ですがと前置きした上で紹介した「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」という言葉でした。

 南アフリカ出身で、あのスティーブ・ジョブズ氏を超える天才実業家と言われる米国の実業家イーロン・マスク氏はこう言っています。「アイデアを実行することは、アイデアを思い付くより難しい」と。両方とも「動く」ことの大切さを言っているのだと思いますが、民主主義では一人でなく、他の人と一緒に「動く」ことが何より大切ですよね。これが私のこの日の果実でした。

 あっ、それより何より心強かったのは、「狛江のために私を使ってほしい。」と仰っていただいたこと。本当ですか!?先生!!

 ところで、宇野教授ですが、26日(月)のNHK『クローズアップ現代』「人気沸騰!”ふるさと納税”ブームの行方は」にご出演予定だそうです。お見逃しなくw

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square