国際赤十字月間


5月は国際赤十字月間だそうです。赤十字と言えば思い出すのは献血ですが、8日表参道にかようなフラッグが掲げられていたので?と思ったら、5月8日は赤十字の創始者のアンリー・ジュナンの誕生日でした。それで5月も赤十字月間になっているとありました。

国際赤十字は多くの紛争国で活動していますが、その安全は確保されているものではなく、シリア、イエメン、中央アフリカ共和国、ミャンマー、南スーダンで働く赤十字、赤新月のボランティアに多くの死傷者が出たようです。

ジュナンは1859年、北イタリアのソルフェリーノの戦い(20万人を超える軍隊が衝突し4万人の死傷者が出たと言われている)で救援活動を行い、地元女性たちの群れに入り、自らも救援活動に携わった際に「何故敵味方分け隔てなく救済するのか」と尋ねられ、「人類はみな兄弟」と答えたと伝えられています。彼は第一回目のノーベル平和賞も受賞しています。赤十字のシンボルは彼の母国スイスの国旗を赤白反対にしたものとも言われているようです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon