ひかり作業所


 今日、建設環境常任委員会の視察で市内の社会福祉法人光友会ひかり作業所さんにお邪魔しました。訪問の目的は小型家電リサイクルの一環として、同作業所において分解・分別作業の実証実験を行っている関係です。同作業所における作業の様子等々を伺いに行ったわけです。

お二人の方々が器用に、また手早くいわゆるガラ携を分解しているのに少々驚きました。分解された携帯は鉄などの金属、アルミ、プラスティックやゴムなどに分別します。

 ひかり作業所さんでは、生活介護事業(自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう支援するため、事業所通所により、給食、創作活動、介護サービスや訓練、生産活動等を行い、心のリフレッシュを図ると共に(エンパワメント)を向上させるための支援)、それから就労継続支援B型事業(通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力が高まった場合、一般就労への移行に向けて支援)を行っておられます。

 敷地内には手作り工房「赤いエプロン」が併設されており、そこでは写真の餃子を作っておられます。自分はまだ頂いたことがなかったので、事前に電話でご注文しておき帰ってからすぐにお昼に頂きましたが、すごく美味しかったです。ネットでの注文も出来るようです。皆さんも一度お試しを!

(http://www.k-hikari.or.jp/category/1340337.html)

 なお、使用済み小型家電の実験回収(無料)(第3回イベント実験回収)が3月16日(日)午前10時より市役所前市民ひろばにて行われます。

(http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/27,59186,158,1091,html)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon