熱中症予防スポット


 梅雨明け後、連日気温のニュースを聞かない日はないと言ってもいいくらいです。しかし、温暖化防止の掛け声は小さくなって行くような気がしているのは自分だけでしょうか。節電の運動も今一つ力が入っていない気がします。

 狛江市のホームページを見ると、公共施設は「熱中症予防スポット」というのだそうです。これは改めてそう名づけるかと言うか、子どもの頃でも涼しいところと言えば図書館とか頼ってたような気がします(笑)

 さすがに昨今の酷暑の下では、公共施設だけでは足りません。お年寄りが増え、気軽に利用出来るトイレも増やすことを市はして来ましたが、熱中症予防スポットももっともっと増やさなければと思う今日この頃です。

 緑陰や、特に狛江で言えば多摩川べりの涼しさは格別です。もう一度そういうものの大切さに目を向け、狛江を都内でも比較的気温が低い(他所が高いときに)とアッピール出来るまちにしたいものです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon