中野四季の森公園


 今日(18日)中野に行く機会があり、中野駅近くの中野四季の森公園に立ち寄りました。この公園(約1.5ha)はより広い「中野四季の都市(まち)」(約16ha)の中心に位置する防災公園という位置づけです。この地には江戸時代、徳川綱吉により野犬保護施設「お囲い犬屋敷」が設けられ、戦中には陸軍中野学校、そして戦後は警察大学校等がありました。

 中野駅至近とは思えないような風景です。今日、明日と「花と緑の祭典2013春」が開かれており、多くの人出がありました。被災地福島県の自治体からも産物を売る出店が複数見られました。

 狛江も中野に負けてられません。「水と緑のまち」の名に恥じないよう、まちづくりを進めていかなければならないと思った次第です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon