3月議会一般質問

 3月議会が2月22日より始まりました。来る3月1日(木)から一人60分の持ち時間の一般質問が始まりますが、小職は2日目の3月2日(金)午後の2番手です。(おそらく3時前後のスタートになります。)

 今回は大きく2問質問する予定です。

 一つは国連開発計画の「SDGs(持続可能な開発目標)」について、自治体としてこれをどう理解し、向き合っていくかを問いたいと思います。国連開発計画の目標というと、これまでは途上国を対象としたものと思われて来ましたし、実際そのような側面が強いものでした。しかし、今回の17分野の目標は、決して途上国のみをターゲットにしたものではありません。それを共通の理解としていきたいと考えています。

 もう一つは障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)の中でうたわれている「障害者差別解消支援地域協議会」というものについて、その必要性等について質問いたします。私は前回の市議選の時、その前年に成立した同法の地域支援協議会について、どういうあり方がのぞましいのかについて考えたいとした経緯があります。狛江市は知的障がいをお持ちの方々の選挙支援も行政が大変積極的に進めており、そのような選挙を通じ選んでいただいた議員の側もやるべきことをきちんとやる責任があります。

 インターネットを通じての視聴も可能です。ぜひ、ご関心のある議員、テーマについて一度ご覧になってみて下さい。(http://smart.discussvision.net/smart/tenant/komae/WebView/)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon