所沢市議会訪問(その1)

 先進的な議会で知られる埼玉県所沢市議会。大学のゼミの先輩のご主人が同議会の議員(現在4期目)でいらっしゃることを先月たまたま知り、早速訪ねた。

 今日も自分が伺う前、大阪府泉大津市からの視察があったらしく、3日連続の視察受け入れという。市内的にももちろん改革の必要性を感じながらの毎日であろうが、外部からもそれだけの注目を集めているということは身も引き締まるというものだろう。

 事前にこれだけは伺おうと用意したテーマはあったものの、それら以外のこちらが予想していなかったお話がどれも勉強になることばかりで、気がつくと2時間はあっという間に過ぎていた。先輩の側でも資料やスライドもご用意して下さっていたものの、それには一切触れずに、である。

 所沢市は2004年、衆議院議員選挙に伴う公職選挙法違反で、10人の市議会議員が失職し、それを受けての補欠選挙で初当選を果たされたのが、先輩のご主人であった。以来、所沢市議会の改革のため、身を粉にして今日まで働いて来られた蓄積、経験の豊かさに正直圧倒されっ放しであった。

 議員になった経緯は違うとはいえ、初心を忘れてはいけないと改めて思わされた一日となった。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square