迷惑をかけたくない

 大阪の應典院のご住職、秋田光彦さんの仰るお年寄りの「迷惑をかけたくない」という言葉にどう向き合うかの一言に納得。

 「日本という国は、社会システムが整備された冠たる福祉国家ですから、お年寄りに関するケアやサポートも手厚いわけです。その分、自分たちで何とかしようという気持ちが少なくなった。目の前に長い階段があるとして、お年寄りの手を引くとか、荷物を持ちますよって言う前に、エレベータをつけろという話になる。弱者にやさしいということのメッセージの美しさはありますけど、そこを突き進めば進むほど、私たちが本来持っている思いやりとか、他者のために尽くすということを社会システムが排除していくことになる。それこそ、喜んで迷惑をかけあうとかってことがもっとあってもいいはずです。」

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon