2025年問題

 日本人男性の平均寿命がいよいよ80歳を超えたというニュースがありました。しかし健康寿命との差は男性9年、女性13年という事実もあるようです。

 この健康寿命を延伸させるには体を動かすことが大事であるとのことから、スポーツ振興(特に生涯スポーツ振興)が一つの重要な施策として多方面で謳われています。

 ただ、ある新聞記事にスポーツ振興と医療費削減には相関関係は見られない、それは世界的にもそうであるというような内容がありました。その記事によれば、期待出来るのは医療費削減ではなく、皆が少しでも長く健康で幸せに暮らせるということなのだ、と。

 確かに、医療費削減には「主治医」の不在や医療と介護・福祉の連携の不足の問題等制度の問題があり、それらの改善がまず必要だと思います。

 それと併行する形で高齢者の健康寿命の延伸施策に対し診療報酬上評価されるような経済的モチベーションを働かせることが必要なのでしょう。

 2025年には団塊の世代がすべて75歳を超えます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon