シティセールスについて考える

 神奈川県三浦市、横須賀市を訪ねる機会がありました。

 三浦市は近郊野菜の基地として有名であり、三浦だいこんなどで知られています。また、三崎漁港はまぐろの水揚げの多さで有名です。最近では風力発電など再生可能エネルギー導入にも熱心に取り組んでいるようです。

 一方の横須賀市は、基地のまちとして名が知られていますが、あの小泉元首相や小泉進次郎議員のお膝元としても知られています。アメリカ文化の味わえるまちでもあり、「横須賀海軍カレー」も有名です。

 この両市、放っておいてもと言ったら認識違いかもしれませんが、そのままでもかなり名が通っています。それでも、「シティセールス」にかなり力を入れている感じです。三浦市は「営業開発課」なる課があり、映画ロケの誘致や観光専門学校と関係を持って有機的にいわゆる「交流人口」の拡大に熱心な様子が伺えます。(http://www.city.miura.kanagawa.jp/citysales-index.html)

 横須賀市では、成長戦略と銘打ち、政策推進部という部局が一つの柱としてシティセールスに熱心に取り組んでいるようです。これまでもUSTREAMを使い、横須賀の魅力を録画配信して来たもの(同市HP内「よこすかムービーチャンネル」)を、今年の4月からは生中継を開始したようです。(http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0120/movie_channel/index.html)

 横須賀市の紹介はつい最近も新聞記事で見たので記憶に新しいところです。こういう一つひとつの努力がメディアに取り上げられるきっかけとなっていっているのでしょう。

 さあ、狛江も東京という場所にあぐらをかかずに先陣を切って始めましょう!!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon