不登校なう

 来週、狛江市中央公民館において、東京シューレの子どもたちが自分たちの経験をもとに制作した自主映画『不登校なう~居場所を求める私たち』が上映されます。

 日時:9月22日(日)午後2~4時(開場:午後1時)

 会場:狛江市中央公民館(市民センター) 2階 第三会議室

 参加費:300円(茶菓付き)

 私はこの件を上映実行委員会の一つである、こまえチャイルドライン事務局長の横山叔男さんから教えていただきました。(こまえチャイルドラインhttp://www.komaechildline.com/ 上記上映会連絡先:03-3489-4583)チャイルドラインとは児童・青少年からの悩み相談、報告などを電話で聴くというものです。相談室というより、話を聴くということに重点が置かれているようです。なんでも英国で1986年に始まったとされているようですが、日本では1997年にお隣の世田谷区で俳優の牟田悌三さんなどが尽力され発足したのが始まりとされ、狛江でも2010年にスタートしました。発足から3年ですが、その間の地道な活動の成果でその存在をより多くの人たちに知られるようになって来ているようです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Takuji Yamada All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon